平成15年度日本蜃気楼協議会
研究発表会(蜃気楼交流会)講演要旨
プログラム
(番号をクリックすると要旨[pdf]にリンクします)
 @ 金子和真(気象予報士 北海道札幌市)
   「北海道苫小牧沖の上位蜃気楼について」

 A 星弘之(写真家 福島県会津若松市)
   「猪苗代湖の蜃気楼」

 B 長谷川能三(大阪市立科学館 大阪府大阪市)
   「しゃぼん膜が示す光の経路」

 C 大鐘卓哉(小樽市青少年科学技術館 北海道小樽市)
   「北海道における上位蜃気楼の発生状況」

 D 大鐘卓哉
   「北海道石狩湾における上位蜃気楼の発生報告および
    岩手県山田湾における蜃気楼の研究報告」

 E 藤田一(気象庁輪島測候所 石川県輪島市)
   「1999年9月24日に発生した蜃気楼」

 F 宮内誠司(第36次南極越冬隊員・気象庁 千葉県船橋市)
   「「蜃気楼紀行」の企画について」

 G 伴禎(琵琶湖蜃気楼研究会 滋賀県大津市)
   「琵琶湖の蜃気楼の発生状況について」

 H 市瀬和義(富山大学教育学部 富山県富山市)
   「富山湾の蜃気楼における発生理由の解明・暖気の形成過程」

 I 木下正博(富山県立滑川高等学校 富山県魚津市)
   「平成15年の観測と研究」


ホーム