平成17年度日本蜃気楼協議会
研究発表会(蜃気楼交流会)講演要旨
プログラム
(番号をクリックすると要旨[pdf]にリンクします)
 @ 2004年5月30日に発生した苫小牧沖上位蜃気楼について
   金子 和真 (北海道・東北蜃気楼研究会、気象予報士)

 A 北海道十勝沖の上位蜃気楼について
   星 弘之 (北海道・東北蜃気楼研究会、写真家)

 B 琵琶湖の北湖と南湖で同日発生した蜃気楼による蜃気楼発生機構
   伴 禎 (琵琶湖蜃気楼研究会)

 C 琵琶湖南湖における蜃気楼の発生理由
   市瀬 和義 (富山大学教育学部)

 D 蜃気楼と湿冷帯(層)その2
   宮川 政昭 (蜃気楼魚津クラブ)

 E 気象衛星画像を利用した蜃気楼予測
   藤田 一 (魚津蜃気楼研究会、富山地方気象台空港出張所)

 F 中国における蜃気楼事情
    −Sony Explola Science 索尼探夢(ソニータンモン)での実験−
   木下 正博 (富山県立滑川高等学校)

 G ライブカメラの役割と教育的活用について
    −滑川高校に設置したライブカメラの運用実績−
   木下 正博 (富山県立滑川高等学校) 

ホーム