日本蜃気楼協議会DBプロジェクトとは

日本蜃気楼協議会では、個人で所有する貴重な蜃気楼の写真を集めて保存・データベース化する”DBプロジェクト”を2018年から開始しました。対象は上位蜃気楼に限らず、浮島や逃げ水などの下位蜃気楼も含めて、また日本のみならず世界の写真も幅広く募ります。

蜃気楼フォトコンテストについて

このDBプロジェクトの一環として、2018年夏に「蜃気楼カレンダー写真コンテスト(フォトコンテスト)」を世界で初めて行い、以降、毎年開催しています。入選作品はカレンダー画像に仕立てて壁紙用などにWeb公開しています。

入賞作品

2022年

2022年用の応募総数144点から会員および一般人気投票により、以下の入選作品と、特別賞5作品が選ばれました。

  • 表紙「唯一無二の輝き」大木淳一 千葉県九十九里町 最優秀賞
  • 1月「初日の出を見るサーファー」斎藤敏雄 神奈川県茅ヶ崎市
  • 2月「流氷の蜃気楼」成田美幸 北海道湧別町
  • 3月「大橋のダルマ夕陽」向井章二 兵庫県神戸市 優秀賞
  • 4月「ニョロニョロの大群出現」松井清直 富山県魚津市
  • 5月「船の変化」戸高一雄 富山県魚津市
  • 6月「光の塔」松井清直 富山県魚津市 日本蜃気楼協議会長賞
  • 7月「天に続く道」鈴木大輔 北海道稚内市 魚津埋没林博物館長賞
  • 8月「東京ゲートブリッジの下位蜃気楼」武田康男 千葉県千葉市 魚津市長賞
  • 9月「落日の光芒」津森富貴子 山口県下関市
  • 10月「1秒ごとに姿を変えた初山別の夕日」菊地絵美 北海道初山別村
  • 11月「浮島」津森富貴子 山口県下関市
  • 12月「楽しい年末の九十九里」大木淳一 千葉県九十九里町

※カレンダー月、作品名、撮影者(敬称略)、撮影場所、受賞名

2019年~2021年

壁紙の利用に関するご注意

 現在ご使用のパソコン、スマートフォン機種、OSとそのバージョン、ブラウザ設定環境等により手順が異なりますので、詳しい設定方法についてはマニュアル等をご覧ください。

 お使いの環境によっては、正常に動作しない可能性がございます。

 壁紙画像は個人のパソコン・スマートフォンでのご利用に限ります。

 データの改変、加工、インターネット上での使用(再配布)は禁止しております。

 私的用途のみ利用できます。再配布は禁止し、その他の利用には許可が必要です。

 ダウンロードやご利用はご自身の責任で行なっていただくようお願いいたします。

写真展などイベント情報

コンテスト入選作品写真展など関連するイベント情報は、魚津埋没林博物館のフェイスブックページ・twitter等でご確認ください。

Facebook

twitter

蜃気楼カレンダー

日本蜃気楼協議会では、2018年より毎年蜃気楼フォトコンテストを開催し、入選作品による蜃気楼カレンダーを作成しています。

蜃気楼カレンダーについて

プロジェクトの詳細や蜃気楼フォトコンテスト、入賞作品についてはこちらをご覧ください。

カレンダーのダウンロード

2022年

2019年~2021年

令和03年度研究発表会(蜃気楼交流会)講演要旨

プログラム(番号をクリックすると要旨[pdf]にリンクします)

○令和 3 年 11 月 28 日(日)
 研究発表会(会場:魚津埋没林博物館 研修室、オンライン併用)
14:30 開会 日本蜃気楼協議会会長挨拶 木下 正博
14:40  研究発表(発表 1 件 10 分+最後にまとめて質疑10 分)
 .千葉県九十九里浜で2015~2020年に観測した上位蜃気楼の特徴
   大木淳一(千葉県立中央博物館)

 .オホーツクエリア蜃気楼予報の精度検証と周知の試みについて
   佐藤 トモ子(日本蜃気楼協議会)、金子和真(日本蜃気楼協議会)、舘山一孝(北見工業大学 氷海環境研究室)

 .蜃気楼に対する水蒸気の影響と実測計画
   室谷金義(京都府)

 .舞子を中心としたダルマ夕陽撮影とダルマ夕陽予想
   向井章二(兵庫県)

 .光線の経路図を用いた蜃気楼像形成の定量的アプローチ
   中田潔(愛媛県)

 .児童書を活用した蜃気楼の普及について
    ~蜃気楼の絵本「いかせのうろきんし」の出版~
   木下正博(富山県総合教育センター)

 .インフィニティミラージュ-芸術と科学-
   佐藤真樹(富山大学/魚津埋没林博物館)

 .江戸時代以前に見られた蜃気楼の記述
   佐藤真樹(魚津埋没林博物館) *紙面での報告のみ

総会の様子写真

研究発表会

記念写真