令和03年度研究発表会(蜃気楼交流会)講演要旨

プログラム(番号をクリックすると要旨[pdf]にリンクします)

○令和 3 年 11 月 28 日(日)
 研究発表会(会場:魚津埋没林博物館 研修室、オンライン併用)
14:30 開会 日本蜃気楼協議会会長挨拶 木下 正博
14:40  研究発表(発表 1 件 10 分+最後にまとめて質疑10 分)
 .千葉県九十九里浜で2015~2020年に観測した上位蜃気楼の特徴
   大木淳一(千葉県立中央博物館)

 .オホーツクエリア蜃気楼予報の精度検証と周知の試みについて
   佐藤 トモ子(日本蜃気楼協議会)、金子和真(日本蜃気楼協議会)、舘山一孝(北見工業大学 氷海環境研究室)

 .蜃気楼に対する水蒸気の影響と実測計画
   室谷金義(京都府)

 .舞子を中心としたダルマ夕陽撮影とダルマ夕陽予想
   向井章二(兵庫県)

 .光線の経路図を用いた蜃気楼像形成の定量的アプローチ
   中田潔(愛媛県)

 .児童書を活用した蜃気楼の普及について
    ~蜃気楼の絵本「いかせのうろきんし」の出版~
   木下正博(富山県総合教育センター)

 .インフィニティミラージュ-芸術と科学-
   佐藤真樹(富山大学/魚津埋没林博物館)

 .江戸時代以前に見られた蜃気楼の記述
   佐藤真樹(魚津埋没林博物館) *紙面での報告のみ

総会の様子写真

研究発表会

記念写真

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA